★印刷業のおっさんです★→お知らせ



しばらくの間、別コンテンツを立ち上げて夢中になっていました。一部の方々にはご迷惑もおかけしたようで、お詫び申し上げますm(_ _)m


2024年06月25日(火)  元検察トップの逮捕
 大阪高検の検事の幹部を務めたこともある現弁護士が、検事在任中の被疑で大阪高検に逮捕された。異例も異例。意味が分からない。

・ふつうは警察が逮捕だよね。そうでなくても、地検(特捜部)が逮捕。でも、地検はこういう事件って普通は扱わないよね。それも、人の少ない高検が逮捕。え??

・罪名は明らかにされたけど、(準強制性交)背景とか一切不明。

・性犯罪にしても、5年くらい経過してからの逮捕って異例すぎでは??

 警察が逮捕した場合には送検され、検察が勾留請求するかどうかを判断するのだけど、検察が逮捕した場合には実務上、勾留請求されずに釈放される確率はありません。組織的な処罰で、末端構成員として逮捕された場合には若干あり得るぐらいだけど、今回の被疑容疑ではまずありえない話。
 まず、被疑者は元検事で弁護士だから、この20日間が勝負ってことは全然わかっているはず。この期間内に弁護人を選任して、示談をまとめる。以上。起訴されてから示談が成立しても意味がない。起訴されないために示談。もちろん、逮捕した大阪高検側もそんなことはわかり切ってるから、被疑事実は一切公表できない。起訴前に示談が成立したら、不起訴にするしかないから。それだけの話よね。

 とりあえず20日後。起訴されるかは注目したいですね。お金はふんだんにあると思われるので、示談が成立する可能性はそこそこある、とみています(不起訴)。


2024年06月22日(土)  東京ジャンプステークスの結果
 3−9−13でした。

 本命をジューンベロシティ、対抗をロスコフに打っていたので、馬連・馬単ならパーフェクト。でも、3着はそこまで絞れるわけもなく、5頭いたような。8を厚めに、1・10・13・14でした。
 単純にこのコースは内枠有利だから。それだけ。ホッコーメヴィウスのいきなりの落馬については、陣営から「押してでも先手を主張しろ」と言われたからに決まってる。控えて味のある馬ではないからね。両サイドとも行きたがる馬だったのが不運な感じ。

 まあ、ロスコフの複勝は結構ついたから、それなりには儲けたけど、上半期は正直、トータルではさえない結果でした。+2160円とか。下半期に期待。できる??


 ってか、このレースってあれなのよね。高田さんのめちゃくちゃな斜行があったから。。。まともなら、ロスコフが勝っていたと思う。払い戻し総額も、おそらくそっちのほうが全然高かったと思うんだけど。。。1.7倍ぐらいにはなってるね。はぁ〜〜〜(溜息)


倉庫 2019年08月 09月 10月 11月 12月 
2020年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2021年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 
2022年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2023年01月 03月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2024年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月