★管理人よりのお知らせ★→詳細

2019年10月25日(金)  大雨
 昔から、菅原一秀が悪いことをしたことが発覚するたびに大きな不祥事が起きて、追及されずに済んできたと思うんだけど。甘利が普通にのんびり政治家をしているあたり、誰を任命しても首をとられるようなことはないと思われているんでしょうな。任命責任は私にある(責任を取るとは言ってない)。国民なめられすぎ。
 そんな悪運の強い彼ですら、大臣を辞職せざるを得なくなった。やめるべきは議員だと思いますが。それはさておき、やっぱり大きなことが起こったね。すげー大雨。東京視点でものをいうのは自身のスタンスもあり、はばかられるのだけど、複数の死者が出るってのは自然災害としては大きなもの。先週の台風で氾濫した河川も多いし、気を抜けない。
 そして、またまた成田空港が孤立。高速バスまで止まるとは思わなかったけど、こういうときにどうしたらいいんだろ。友人は海外に行くため成田空港にスタンバイしていたのだけど、勝手に羽田空港にダイバートされて困ったらしい。前回、交通機関完全麻痺の中でも成田だけでやり繰りしていたけど、羽田をも巻き込んでしまうと乗務員とか乗客とかにも不都合が出るよね。単純に空港から出発する人のことだけ、あるいは搭乗している客のことだけを考えればいいってものではない。結局その友人はLCCからフラッグキャリアに無料で変えてもらったそうで、しかも200ドルくれたとか。まあ、雨にしても雪にしても風にしても、度が過ぎないに越したことはない。

2019年10月24日(木)  敗軍の将が兵を語る
 敗軍の将、兵を語らずという言葉があれば、負け犬の遠吠えという言葉もある。

 プロ野球の日本シリーズが終わった。クライマックスシリーズの1stステージがもっともセ・パとも熱い舞台だったんじゃないか。そう思えるほど、上に上がればあがるほど凡戦になったように感じた。パ・リーグは7年連続で日本一。もはや、セパで王者を決するという構図に無理があり、どうせクライマックスシリーズをやるのならセの1位とパの2位、セの2位とパの1位勝者同士で日本一を決めればよいと思う。
 はっきり言って数字以上の差を感じましたね。4タテというけど、7戦やって1つ勝てるかどうかって感じだった。長谷川とか、首位打者経験者を代打で使えるとか。内川もか。方や若林、田中俊、重信??誰だよって感じ。
 完敗ですと頭を垂れるのが原監督の仕事だろうと思ったら、以下のように発言。

> セリーグはDH制というものがないからね。
> しかし、そのうちDH制は使うべきだろうね。
> DH制というのが相当、差をつけられている感じがあるね。

 DH制がないからパリーグに負けたのだといいたいのだろうか。なんだろう、そうじゃない感じでいっぱいなのだが。
 交流戦が始まってからほぼずっとパリーグのほうが勝ち越し。構造的にパリーグのほうが勝ちやすいとでも言いたいのかなぁ。日本シリーズが全試合DHなのならそうかもしれないけど、残念ながらそうではないからね。セ本拠の球場では、DH制ではないわけだし。
 DHのせいで投手、とくに先発投手のイニング数は長くなる。野手の出場機会は増える。そのことを逆に言えば、DH制なしだと先発投手のイニング数は減り、野手の出場機会は減る。もっと言えば、投手の総数が必要になり、ベンチ入りできる野手の数は少なくなるということ。
 投手の枚数が必要なぶん、セリーグのほうが防御率がよくなるはずなんだけどね。阪神がJFKとかやってた時代とか典型的だけど、勝ちパターンの投手と負けパターンの投手は別になる。セリーグは投手の層が厚くなり、パリーグは野手の層が厚くなる。そういうことでしょ。
 でも昨今の日本シリーズでは、少なくともセリーグのほうが投手層が厚いとは、とても言えないと思うけどね。DH制がないことのメリットを生かせていない。肝心の日本シリーズの本番になっても、慣れているはずのDH制なしの試合運びですでに負けている。そういうところから見ていると、原監督の指摘ってずいぶん的外れだと思う。
 予告先発を実現させたり、クライマックスシリーズを導入したり、巨人は自分が勝つためにルールを変えてきた歴史があるからね。自分たちが日本一になるためにまたルールを変えようとしているのかなぁ?という思い。しかし、セリーグでDH制を導入したところでパリーグには到底勝てないと思いますけどね。問題の原点はそこじゃないのだと思う。個人的にずばっと言ってしまえば、セリーグの投手が投球・打撃ともにしょぼい!このことに尽きると思う。DH制にしてしまえば打撃のしょぼさは目に見えなくなるかもしれないけど、枚数の必要なくなる投手の投球のレベルはさらに下がるに違いない。


2019年10月23日(水)  スパークリングワイン
 炭酸そのものは太らないけど、ダイエットコーラでも太るように感じて飲みたくないのは気のせい?少なくとも、理系の人間としてはあってはならないことだけど。カロリーオフとかカロリーゼロとか言ったって、太るものは太る。それが真理なんだよね。
 人間が感じることはできても消化することができないもの、そういう甘味料があるのなら、砂糖の代替になりうる。カロリー論が万能でないのはこんにゃくとか野菜とかを見ればわかる。カロリーメーターで燃やしてみれば、かなり発熱して燃える。しかし、人間の体はセルロースを消化できないから、太りようがない。そういうタイプの甘味料があればいいけど、実際にはまだ見つかっていない。
 じゃあ、いまのカロリーオフとかカロリーゼロとかっていうのはどうなってるのって?スクラロースが入っている。かつて昔はアスパルテームが使われていたりしたけど、発がん性があるのでやめられた。スクラロースに発がん性があるかどうかはわからないけど、砂糖よりも害である可能性が排除できないから、どうしても摂取したくないよね。
 純炭酸水であればいいけど、おいしくはないよね。ソーダ割とかで売ってはいるけど、炭酸水として飲むために買う人は少ない。最近、10%に増税されてからスパークリングワインを少し飲むようになった。ダイエットには良くない商品だとわかっているけど、炭酸そのものには少なくとも害はないからね。赤ワインはポリフェノールが多くてダイエット中にも向いているし・・・、と開き直ってみる。