★元印刷業のおっさんです★→お知らせ


2020年06月09日(火)  新聞記者あるある
 知人の新聞記者に会った。

 「なにしに来たの?」

 12人もの介助が必要な勾留理由裁判って前代未聞だと思う。裁判所の職員が4人と大阪拘置所の刑務官が8人。
 っていうか、本人が出廷するとは思っていなかった。はっきり言って。救急車に乗って大阪拘置所に帰っていったけど、これは通常の運用??勾留の理由の開示は(準)抗告とか勾留の執行停止を求める裁判などとは違って、当日に釈放されることはないから、拘置が続くこと自体は分かり切っていたことだけど、救急車とは思わん。
 マイクを通じて本名と生年月日と住所をはっきりと言った。無職であるとも。もちろん、口述した住所に今住めるわけがなく、住所不定扱いなのだろうけど。でも、人定質問に答えただけで、自ら勾留の不当性をアピールするとか、そういうのはなかったね。弁護士も接見に行ったけど、半分以上は被疑者の体調不良で会えなかったそう。接見のための設備をどうやって整えているのか疑問だけど、弁護人の主張はもっともだと思った。私は別に被疑者の肩を持っているわけではない。この状態で勾留するとか、異常そのもの。もっとも、勾留しない限り、国選弁護人をつけることができないという制度上の問題はある。
 結局、今日のうちに京都地検が鑑定留置を請求し裁判所に認められたため、勾留は停止された。一連の流れを見ていると、被疑者に弁護人をつけるための勾留請求だったことは一目瞭然。もう証拠関係とか、動かぬものがあるだろう。逃亡のおそれと罪証隠滅のおそれをあげていたけど、違うと思う。第三者を通じた罪証隠滅とか、本気で言ってるの?と思った。これだけの事件で、犯行から10か月も経ってまだ収集されていない証拠があるとか、そんなことがあっていいのかという気持ちだし、逮捕勾留したら20日以内に起訴するかどうか、決めなければならない。それ以降に集めた証拠なんて、原則的には無意味です。とはいっても、起訴されて法廷で証拠開示とかがなされた後でも、なぜか取り調べとかを受けるのが日本という国なんだけど。

 こんな事態でも法廷画家とかいるの?

 で、ブン屋に色々と聞かれた。自分たちの社の記者に聞けばいいのに、なぜそうしないの?取材能力だけ抜きんでていて、それをうまく字面にできないという記者もいっぱいいるからです。本当にできる記者というのは総理とか最高裁長官とかのコメントも引っ張ってこれる。ただ、会社としては「うちが望んでいるのはその内容じゃない!!」ってことは、往々にしてあるよね。自身に聞いたほうが事実関係が良く分かるからこうやって問われたのであろう。


(今日の羽田空港からの国際線=2便)
フランクフルト、フランクフルト

(今日の成田空港からの国際線=16便)
パリ、ヌメア、台北、ウラジオストック、台北、香港、サンフランシスコ、バンクーバー、ロサンゼルス、シカゴ、ソウル、クアラルンプール、グアム、ジャカルタ、ドーハ、アムステルダム

(今日のシドニー空港からの国際線=6便)
オークランド、サンフランシスコ、シンガポール、シンガポール、ドバイ、ドーハ


2020年06月08日(月) 
 昨日は予定に反して携帯から投稿しました。でも、携帯から投稿するとなぜか文字や図が小さくなってしまったりするのが謎。だから極力、使わないようにしている。
 マスバテ空港って。。マニラじゃダメな理由でもあるのだろうか。今や、空港はがら空きの時代。日本が2空港稼働している理由も良く分からない。成田(羽田)と関空というのならまだわかりますが、キャパシティー的に成田と羽田を合算しても運用上、何の問題もないだろうに。

(今日の羽田空港からの国際線=4便)
ロンドン、ジャカルタ、シアトル、バンクーバー

(今日の成田空港からの国際線=14便)
カトマンズ、ダラス、台北、サンフランシスコ、メキシコ、バンクーバー、ロサンゼルス、ニューアーク、サンフランシスコ、シカゴ、ソウル、シンガポール、ソウル経由アディスアベバ、ドーハ

(今日のシドニー空港からの国際線=6便)
マスバテ、サンフランシスコ、シンガポール、香港、羽田、ドーハ


2020年06月07日(日)  携帯電話より投稿
携帯から当日投稿しています。大変。

(今日の羽田空港からの国際線=5便)
フランクフルト、ロンドン、ジャカルタ、フランクフルト、シドニー

(今日の成田空港からの国際線=18便)
ハルビン、上海、香港、ダラス、シンガポール、パリ、ヌメア、サンフランシスコ、ソウル、バンクーバー、ロサンゼルス、シカゴ、ソウル、ジャカルタ、上海、アブダビ、アムステルダム、ドーハ

(今日のシドニー空港からの国際線=4便)
サンフランシスコ、広州、厦門、ドーハ


倉庫 2019年08月 09月 10月 11月 12月 
2020年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月