★元印刷業のおっさんです★→お知らせ


2020年05月25日(月)  御嶽山修験場の地下3階の構造
ontake.png 611×883 27K
 昨日は大島修験場のこと。今日は御嶽山修験場。

 御嶽山修験場についての攻略記事で、地下5階がないのはミスです。地下6階まであり、地下5階はただっぴろい大広間。上り階段と下り階段が1つずつあり、宝箱には金創薬。地下6階では十字架を手に入れられる。十字架は護符の一種でもあるけど、道具として使うと体力全快(ただしほぼなくなる)。

 記事を訂正したうえで改めて振り返ると、地下1階と地下2階は全く同じ構造で、階段が違うだけ。
 地下3階はワープが5つあるように見える。ここについても全く同一マップが2つ用意されていて、片方には下り階段と宝箱、片方には上り階段だけがある。
 肝心のマップの切り替わりは、最初から4つ目までの4つのワープを踏んだときに起こる。最後のワープは通路が狭いため必ず踏まなければならない。しかし、実はこれを踏んでも演出だけで、マップの移動は発生しないというオチ。だから、当時書いたように最初のワープだけ踏んで、後は踏まなければOKということになるのだけど、追記したほうがいい部分はあるよね。
 図を見てもらえば分かるように、短く書くと「最初のワープを踏み、階段のほうに戻ろうとすると宝箱があるので、マンダラを拾う。その後は極力ワープを避けて進むと下り階段がある」って感じになるのかな。マンダラを拾えることを書いてないのがあれだね。

(今日の羽田空港からの国際線=6便)
フランクフルト、バンコク、ロンドン、ジャカルタ、シアトル、バンクーバー

(今日の成田空港からの国際線=15便)
カトマンズ、香港、ダラス、ハノイ、バンコク、台北、ソウル、マカオ、サンフランシスコ、メキシコ、ロサンゼルス、ソウル、シンガポール、アディスアベバ、ドーハ

(今日のシドニー空港からの国際線=6便)
デリー経由アーメダバード、サンフランシスコ、シンガポール、香港、羽田、ドーハ

 オーストラリアからインドにいく便がおとといに続いて飛んでいるね。華僑も在豪インド人も多い国だからなぁ。イラン、イラクと言ったアラブ系の人たちも結構いる。今の悩みの種は、飛行機の中でソーシャルディスタンスが取れないことだそうです。300人ぐらい乗りのエアバスでも、オーストラリアのソーシャルディスタンスを守ると乗れる旅客はわずか22名。すんげーなー。こういう事実を知ると、武漢にチャーター便を4便飛ばして日本に帰らせた政府のやり方って、絶対正しくなかったと思うんだけどなあ。燃料代がかかるというのはあるけれど、そもそも国際線は運休続きで機材は有り余っているのだし、もっと大量に便を飛ばせばよかったと思う。航空会社にふんだんに金を払う口実にすればよかったのに。相変わらず日本政府は出来が悪い。

(武漢チャーター便の搭乗人数一覧)
第1便 206名
第2便 210名
第3便 149名
第4便 198名
第5便 65名


2020年05月24日(日)  大島修験場の地下2階の構造
oshima.png 1101×469 16K
 今週の俺プロはー2pt。全然当たる気がしない感じでしたね。最終レースで当たって巻き返したように思えたのだけど、気のせいだった。4着5着ばかりでね。今週は散々でした。

 伊忍道をやってるということは触れた。普通にクリアするだけならとっくに終わっていて、やりこみ要素を探しているところ。
 三国鼎立できるのかというのがまず一つだけど、今のところ、できていない。序盤のプロットを書いておくと、最初の洞窟でレベル7まであげる(妖術師編)。伊勢をスルーして伊勢湾沿いに移動して6月20日夜に三河へ(6月21日は不可)。遊技場に行き、札5枚賭けで確変を出し、12500枚を獲得。確変の出し方については不明だけど、とりあえず最初に小四角を狙い、出たら次に大四角を狙う。その2つが連続で出たら13を狙いたくなるけど、そこで敢えて大中央を狙う。もし入れば、その後最低2連続で役物には入るから、何処3を出してとりあえず「米」確定。その後もひたすら何処3を狙って、全塗り(12500枚)を獲得する。札100枚で行者草に変えられるから、売価227×125回=28375の金は得られる。つまり、遊技場高級店にいく必要はないということ。三河の武器屋で鎖頭巾+短甲+正宗+短筒を購入して、服部半蔵(主人公がLV7なら半蔵はLV11)をしばき倒す。何度も拒否されるけど、いずれ「死んでも恨みっこなしだぜ」と言って戦ってくれる。武器防具を最強にしておけば勝てる。勝っても、半蔵が死んでしまう可能性もあるのは玉に瑕だけど、頑張れば仲間になってくれる。半蔵にも同じ装備(短筒はいらないかも?)を持たせて、遠江に寄ってから富士修験場へ。どこかで山伏か僧侶を仲間にする。筑波山を終えるときに最低LV15でなければ不可(仕事を引き受けられない)。その陸奥に着くのが7月3日のはず。
 陸奥で戦争を引き受けて、恐山・大島・御嶽山・越智山と終える。その後飛行仙で伊勢に行ってから摂津に行って2日混乱、九州に上陸して薩摩で3日混乱まではできる。そして、陸奥に戻って城内で待機し8月1日を迎えると・・・。
 伊達家が攻めてくるのは確実。攻めてくるのは伊達成実と、(伊達政宗or片倉景綱)の2人。渦炎だけで撃退可。片倉景綱はその後のフラグも考え、可能な限り南部の配下にしておく。でも、摂津と豊後を救済できるかどうかで言うと・・・。
 摂津のほうは半々だね。LV34にまで上げて2回混乱させて兵力380→316→260にすると、紀伊戦争を取りやめる確率が半分、どこか他の自国から兵を調達して戦争する確率が半分。気まぐれ。困ったもんだね。
 薩摩城下で3回混乱させて兵力390→320→263→216にすると、薩摩は100%豊後攻略を取りやめる。217以上だと戦争フラグが立つので、なんとか216(以下)にするしかない。しかし、50回以上やってみて、安芸が必ず豊後を攻めに行くのだ。これは困った。なんでだよ!!毛利ってどんなに進言しても戦争してくれないのに・・・(特に播磨)。なんでこんなに積極的なのか。というわけで、うまくいきませんでした!!
 筑波山でレベル29まで上げても、混乱で減る兵士数の上限は16%なので、伊達家の軍事行動は防げない。筑波山でるまでにもっとレベルあげろって話もあるけど、毒虫や地龍虫相手に延々とレベル40とか、吐き気がしそう。LV29や30では、混乱で減る兵士数は1日あたり9〜16%の範囲内。LV34だと10〜18%、LV47だと14〜26%。あとは成功率が違ってくる感じかなぁ。

 途中にある伊豆大島の修験場。リレミトみたいな術(孔雀・飛行仙・アイテムの天狗の羽)が使えないので、歩いて帰らざるを得ないところ。地下2階のワープゾーンがなかなか分からなくて、困惑した記憶がある。自分のサイトのメモ等を念頭に再現したら、こういう構造になっている様子。左左右と書いたけど、移動マス的な最短は左、そのワープ、そのワープ、右だね。2枚のマップがあって、片方には下り階段、片方が上り階段になっているんだけど、マップの切り替えが起こるのがとイ離錙璽廚世韻箸いΔ里ミソ。帰りはナチュラルにイ鯑Г鵑能亳に来るんだけど、往路が曲者でさ。図にしてやっと理解できた。誰が得するんだよという感じの図だけど、アップしときます。もうひとつ、御嶽山の「らせんの間」も解析は済んでいます。

(今日の羽田空港からの国際線=5便)
フランクフルト、ロンドン、シアトル、シドニー、上海

(今日の成田空港からの国際線=17便)
ハルビン、上海、香港、ダラス、シンガポール、パリ、台北、ヌメア、ソウル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ソウル、ジャカルタ、上海、ヌメア、アムステルダム、ドーハ

(今日のシドニー空港からの国際線=4便)
広州、サンフランシスコ、厦門、ドーハ


2020年05月23日(土)  テンピン(1000点100円)なわけない
 DMMと書いてあるのを見てエロ広告と勘違いしたのは気のせいだ(笑)。世界最大の空港、サウジアラビアのキング・ファハド空港のこと。

 テンピンは賭け麻雀(とばく罪)に当たらないという閣議決定まだかな。閣議決定大王なのに、こういうときに出てこないから困る。バランスで言えば、常習賭博は停職というのが国家公務員の規定だけど、常習賭博は懲役刑しかないから、公訴されて有罪になれば(執行猶予付き)懲役刑しかなく、失職になる。黒川検事長への懲戒処分を求める声が強いようだけど、賭博罪だけで裁くのは反対です。何が問題かって、打ってるメンツが新聞社であることと、新聞社からの利益供与(ハイヤーでの送迎)を否定していないことのほうがはるかに大きい問題だと思いますけどね。そして、見えていない部分でもっと大きい問題を抱えているかもしれない。

 っていうか、年収2600万円の高検検事長がテンピンとかで打つかね?張り合いがないと思うけど。西武のオーナーの堤さんがやっぱり麻雀大好きだったけど、彼のような大金持ちと釣りあうレートで打てる人などいなく、賭けずに打っていたことは有名。一晩で10万円が動くレートって言えばリャンピンかサンピンぐらいだと思うんだけど、それでも合わない気がします。まあ、新聞記者はそんな高レートで打たされたらたまらないでしょうけどね。会社持ちならともかく、自腹でそんな接待麻雀できない。

(今日の羽田空港からの国際線=4便)
フランクフルト、ロンドン、シカゴ、シアトル

(今日の成田空港からの国際線=18便)
カトマンズ、シンガポール、ジャカルタ、クアラルンプール、高雄、台北、ソウル、台北、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ、香港、ソウル、クアラルンプール、グアム、バンクーバー、アブダビ、ドーハ

(今日のシドニー空港からの国際線=8便)
デリー経由アムリトサル、キング・ファハド、サンフランシスコ、シンガポール、オークランド、羽田、ドバイ、ドーハ


倉庫 2019年08月 09月 10月 11月 12月 
2020年01月 02月 03月 04月 05月 06月