★管理人よりのお知らせ★→詳細

2019年12月02日(月)  阪神
 球団のほうじゃなくて、電鉄のほう。野球のニュースは全く見ないからわからん。バレンティンがソフトバンク移籍?知らん。誰が大活躍して昇給したとか、全然わからないし。吉田正(オリックス)に限って言えば、夢のあるバッターが出てきたなあと思いますけど、それ以外全くわからん。
 この前、長居に行った。そのついでに福島にも行った。福島県の福島じゃなくて、大阪市内の福島(大阪環状線)。親族が入院していた病院が関電病院だったので、ここには結構来たことがある。
 昔、阪神は地下じゃなくて地上だったんだよね。もうそんな面影もないな・・・。そう思った。地下になりたてのころ、非常に斬新に思った記憶がある。開かずの踏切で有名な場所だったけど、貨物線の踏切を残すのみとなった。なにわ筋線が開通したら、貨物線の踏切の稼働時間もさらに下がるだろうか。
 阪神って、昔は普通は紺色で4両、特急はオレンジ色で6両だったから、車両を見ればすぐにどの種別かまで区別がついた。行先も新開地、高速神戸、須磨浦公園と梅田しかない感じだったし。姫路行きなんてまだなかった。乗り間違いも少なかったんだけど、今や近鉄の電車も見られるようになり、電車そのものも多様化。ジェットカー(4両・普通)は見ればわかるけど、他の種別っていまいちわからん。南海に比べると少ないけど、阪急や近鉄と比べればバラエティのある車両になったよね。

2019年12月01日(日)  疑い??
 今は嫌な時代なのか、変に感じることがある。

 かつて、腕や腓骨を骨折したとかなら診断書に「右前腕骨折」「左腓骨骨折」などと書かれていた。診断書によっては、「左腓骨下端部骨折」とか、部位を明記することもあったと思う。まあ、より詳しく書いているよね。
 この前、診断書をもらったけど、「胃潰瘍及び十二指腸潰瘍の疑い」だけなんだよね。疑いもなにも、潰瘍やん。断言してもいいと思うんだけど、なぜかしない。「ストレス性十二指腸潰瘍」と書くと、ストレスかどうかは分からないからその部分を削るのは分かる。でも、肝心の病気の部分ですら「疑い?」なの??
 そんな思いでいたら、「第5中足骨骨折の疑い」という得体のしれない診断書を見かけてしまった。骨折って、レントゲンで明らかやん。仮骨ができて白く膨らんでいるのならまだしも、折れてる状態やん。それで「疑い?」ってなに??どこの医師でも断定形の診断書は出してくれないのかなぁ。
 こっちも意地悪になって、「胃潰瘍及び十二指腸潰瘍の疑い」ってことなら、胃潰瘍の部分は確定で、十二指腸潰瘍の部分だけは疑いってことなの??って言い張ったらどうなるんだろう?(笑)。歯切れの悪いことばばっかり使うなら、「胃潰瘍の疑い及び十二指腸潰瘍の疑い」って書くのが絶対的に正しいと思うからさ。。。


2019年11月30日(土)  長居公園ラン
 長居公園を走りました。走るの久々だなぁ。

 10.5℃ぐらいありましたね。1周が2813mで、15周すればフルマラソンになるというこのコース。果たしてどんなものかと思いました。諏訪湖を2日に1日走っていたころなら、軽く7周はできている計算。
 でも、2周走るのもいっぱいいっぱいな感じ。しんどかった。昔は凄かったんだなぁ、としみじみ思いました。