★管理人よりのお知らせ★→詳細

2019年10月31日(木)  月間キャッシュレス回数
 キャッシュレスだと5%や2%還元されるという制度。食料品とかでも同じだから、8%のままのものでも5%還元されるのね。。複雑怪奇な仕組み。
 1か月経った。最初は書いた通り、ランチ対象外とか持ち合わせていないとかで適用機会もなかったのだけど、1か月経ってみると!

 現金バック 43円(6回)
 ポイントバック 10ポイント(10円相当)(1回)

 うーん。わずかに53円相当にしかならない。大手のお店は対象外だし、機会そのものが少ないかな。でも、人によっては増税前より相当得をしているのだろうね。こういう政策のミスマッチを減らさないと。10%ありきで、方向性が滅茶苦茶。国がキャッシュレスを推進しているのかと思いきや、50円の決済でクレジットカードを出したら面倒くさい顔をされたりするのも変だと思う。


2019年10月30日(水)  ウォッシュレット
 最近、どこでもあるウォッシュレット。公衆便所にもついていたりするからびっくりする。でも、ほとんどの日本人はウォッシュレットやウォームレットが日本だけの産物であることを知らない。海外に行けば、冷たい便座に座って硬い紙で局部を処理しなければならない。海外で自宅にウォッシュレットを導入しようと思ったら、まあ軽く100万円は出さなきゃ駄目だよね。流通量が少ないから、取り寄せからしないといけないし、ノウハウのある施工業者もほとんどないし。
 マラソンをやってた頃、レース前にトイレを済ませていたんだよね。レース中にトイレに行くとタイムロスが大きいから。まず、トイレを探さなきゃいけないし、今度はトイレがあったとしても、だいたいは待たなきゃ入れないし。もれそうになったこともある。用を済ませた後は手を洗ったり色々としていたら、1回あたり3〜5分はロスするよね。もっとロスするかもしれない。
 そのロスするのが嫌だから、トイレ、特に大が出そうにないときは、ウォッシュレットで無理やり出す、っていうのをやってたの。そしたらあるとき、痔になってね。原因はウォッシュレットの当てすぎ。笑うに笑えない理由ですが、実話です。痔の専門医に「座りっぱなしかなんかやったん?」と聞かれたのに、答えられなかったのは内緒だ(笑)
 それ以来、ウォッシュレットの強度は常に最低にしてから使うことにして今に至るんだけど、トイレに入ったときって、自宅以外だとだいたい強度が最強になっているような気がするんだけど・・・??これって前の人の設定だよね?気のせい?ほかの人は痔にならないのかなぁ?という気持ち。

2019年10月29日(火)  FA制度と氷河期の話
 プロ野球でFAという制度があるけど、あれでFA宣言した木村昇吾選手だったか、引き受け手がいなくて西武にテスト入団するようなことになった。
 あのとき思ったのは、FAって事前に他球団と接触できないというのは名目だけで、実際にはFA第一号の松永(阪神→ダイエー)みたいに水面下で引き受け手が決まっているものだとばかり思っていたから。他球団の声を聴いてみたいと思って宣言したら、どこも欲しがらなかった。しかも、古巣にもいらないと言われた。なんと切ない話。
 引きこもりの実態を調べたところ、40代が最多、という記事があった。(朝日新聞)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000026-asahi-soci

 なにせ今の世の中、砂地獄の時代ですから。一度レールから外れると、もう負のスパイラルでどこまで落ちるかわからない。それぐらいひどい時代。まだネットもないから全部手書きで100社エントリーして面接まで行けるのが15〜20社、やっと内定をもらったと思ったら取り消されたりとか。あるいは苦労して入社したのに、パワハラやサービス残業の嵐、今でいうブラック企業で心を病んでしまったりとか。そんな時代でしたね。
 今は労働者側の売り手市場とか言われているけど、それでもこの年代になってくるとプロ野球のFAのような怖さがあるよね。高い給料を出してくれるわけでもなく、福利厚生が充実しているわけでもない。ほんと怖い。まあ雇用する側からすれば若い人には安い給料でいけるけど、中年にはそうはいかないでしょうとか、若い子は成長が期待できるけど中年には伸びは期待できないでしょうとか、そういうんだろうけどね。国が支援する先を間違っている代表的なものじゃないの?と思う。雇用環境を充実させるのに、国が援助をするのは雇用される側ではなく、派遣会社のほうなんだもん。
 昔もちょろっと書いたけど、昔は臨時の研究員制度が3年スパンだった。でも、今は2か月とか3か月とか。雇用期間が短くなると総予算は同じでも、延べ人数は12倍〜18倍に増えるんだよね。同じ予算で10倍の人数を試しました!って言われてもね。そして、理系の世界ってのは2か月で成果が出せるほど、甘くないよ。解雇予告期間を含めると1〜2か月で結果を出さない限りクビ。必然的に、STAP細胞騒動とかにあったように、研究成果を捏造するようなけしからん奴が数少ない正規への道をたどることになる。根本的におかしいとしか言いようがない。